アトピー治療で光線治療11回目に行ってきた

Pocket

11回目の光線治療に行ってきました。

正直、光線が効くのかどうかはわかりませんが、一般的に20~30回で効果が出てくると言われています。

光線療法1~10回目の治療はこちら
ステロイド皮膚炎になりかたアトピー、光線治療を始めてみました
アトピー治療で光線治療5回目に行ってきた
アトピー治療で光線治療6回目に行ってきた
アトピー治療で光線治療7回目に行ってきた
アトピー治療で光線治療8回目に行ってきた
アトピー治療で光線治療9~10回目に行ってきた

個人的には・・・現段階だと効いているのかどうか、まだよくわかりません。

スポンサーリンク

光線治療11回目

前回、900Wを4分20秒の照射でしたが、全体的にピリピリ感が・・・。

特に顏のピリピリが酷く、照射後2日間はずっと痛痒い状態。

もともと光線治療をする前から顔は赤いわけで、そのままずっと紫外線を浴び続けているので、そう簡単には修復しませんね。
一度薬で回復させれば、自分の肌の力が働くのかなと思いつつも、その保障もないしな~と思いながら、気分は光線に対して微妙になってきています。

年末年始で10日ほど期間があいたのがよくなかった。
光線を受けるリズムと気持ちが狂っちゃったというのもあるかも。

身体は、腕と手の甲、背中がまだガサガサです。
ですが、昨年12月の状態よりはマシです。

前回、新しい先生に光線をしながら音楽OKをいただいたのですが、院長先生はちょっと渋い顔・・・(^^;)

しょうがないじゃないですか・・・!
怖くなっちゃうのが恐怖症なのです・・・。

光線を浴びるときは全裸なので、スマホをポケットとかに入れることができないから持ったままなんだけど、どうやらわたしの手のひらにもアトピーがあると思い込んでいたみたい。

手のひらは、3歳の頃からずっと湿疹、アカギレなどの手荒れの状態のままで、アトピーが収まることがなかったんですが、昨年、気がついたらアトピーは消えていたんですよね。

今から考えても、手の平のアトピーが消えた理由に思い当りません。
アトピー対策でやった何かが効いたのかもしれません。

そのことを話すとようやく納得したみたいですが、あまりの顏の赤さ、皮ムケの酷さに、顏用の軟膏のランクを上げられてしまいました。

「2番の薬を出すので、次回まで塗っておいて」というんですが、皮膚科医のどこが悪いと思うかというと、『ステロイド軟膏入りで、ステロイドのレベルはこれくらい。この期間を塗る分には支障がない』とかそういうことを説明しないことでしょうか・・・。

何かと混ぜたミックス軟膏のようで、処方箋に「クロベタゾン酪酸エステル」と「プロペト」の文字。

クロベタゾン酪酸エステルはキンダベートですね。
キンダベート軟膏は4群(マイルド)。

まあ、短期間ならいいのでしょうが、やはり説明がないというのが、最近、皮膚科医全般に共通してちょっとムカッとしてしまうところです。

顏はもともとステロイド皮膚のようになっている部分で、すぐにでも使用を中止したいところですが、突然止めたことによるリバウンドのほうが怖いので、感覚をあけて塗っていました。

光線のあとの顏のひりつき感がかなりすごいので、光線を当てた日とその次の日はステロイドを塗り、あとは塗らないなどのメリハリを自分で考えたほうがいかもと思ってきました。

この日の光線は、1000Wを4分40秒。
とうとう1000Wになってしまった!

初回のとき、先生は一応女性なので光線は最大が1300Wにしようと思うと言っていましたが、その1300Wに近づいてきました。

問題は長さですね。
4分40秒、じっと目を閉じて全裸で立っているだけですから、音楽を聴きながら思考が変なほうにいかないようにしていましたが・・・。

光線のじりじりと熱くなってくるかんじが、ちょっとまた怖いなと思っちゃうですよね~。

ビビりだから、治療に向いていないのかな(^^;)

身体は、心なしかちょっと薄黒くなった気がします。
皮膚は粉吹いていますが、以前よりはかなりマシです。

顏はな~、どうしても赤みがひきません。
ヒリヒリ感も酷いしな。

過去、ステロイド使用などで顏が赤くなるとプロトピック(タクロリムス)を処方されていましたが、現在これは使えないので(副作用のイボとニキビが多発する)、病院も手をこまねいているかんじです。

プロトピックは、比較的新しい薬で皮膚科医は口をそろえて「いいお薬」と言いますが、実際はどうでしょう。
この薬も完全に安全ということではなく、一部では発がん性が指摘されているようです。

まあ、イボがはじめて出来たときに「これはなんかヤバいんじゃないか?」と思ったし・・・。

また、プロトピックは塗った場所が紫外線に過敏になることから、これを処方されると日差しが強いところにはいかないでね~と言われていた記憶があります。

そうなると、プロトピックを塗っていたわたしですから、現在光線で赤いのかステロイドで赤いのかがわかりませんが、もしプロトピックのせいだったらな~と思うとちょっと微妙な気持ちになります。

とはいえ、光線治療のみで治るとは思っていないので、日々の生活をもっと見直していきたいです。

・・・最近、ちょっと色々暴飲暴食ぎみになっていました。
多分ですが、ステロイドを使っていることで内臓が冷え、それによる過食が増しているのだと思います。

せっかく糖分を制限していたのに、冷えると欲しくなるお砂糖たっぷりのおやつ。

もともと大食いで、やっと食事量をセーブしてきたというのに・・・!
食べ物を見直すとある程度、アトピーも改善するはず・・・だと思うので、もうちょっとストイックに検討してみたい。

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

フォローする

こんな人が書いてます

管理人:さくら
暴飲暴食ぎみでオタクなアラフォー。愛犬の介護がきっかけで生活が激しく乱れたことで、アトピーが大爆発。
「ラッキーになるためのハッピーナチュラルライフ」腐女子のオタク感想文というブログを運営しています。普通の人が関係ないアトピー治療に関しては、こちらのアトピー別館で記載していこうと思ってます。

詳細はこちら 管理人プロフィールとアトピーの治療概略
免責事項
「アトピーを治したい!」ブログでは、主に管理人・さくらの体感が中心になっています。どなたでも同じ効果が得られるわけではありません。
また、医者でも薬剤師でもないので専門知識はなく、治したいので本などで勉強をしているだけです。こちらのサイトの内容を試して悪化したとしても、責任を取ることができませんので、ご注意くださいね。できれば専門医へ相談を!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL