お風呂の塩素除去にビタミンC(L-アスコルビン酸)をリピート注文しました

Pocket

アトピー肌の人に限らず、お風呂のお湯がぴりぴりすると感じる場合、お風呂のお湯の塩素を中和する必要があります。

ものすごい浄水器を設置すれば完璧なんでしょうが・・・一般家庭では予算的に難しいですよね(^^;)

すごい機械を設置しなくてもお風呂の塩素を中和するのに一番簡単なのが「ビタミンCを湯船に入れる」ただこれだけです!

ものすごいリピート購入してるんだけど、今回もアレスヘルスケア という、サプリメント系が安く買えるお店で注文しました♪

アレスヘルスケア

スポンサーリンク

お風呂の塩素はビタミンCで中和!

お風呂を水道水でわかしている場合(ほとんどそうですよね?)、お湯に塩素が含まれています。

稀に、浄水器を設置しているご家庭もあるかもしれませんが、だいたいは水道でわかしていますよね?

一度沸騰させた状態であれば塩素は飛びますが、お風呂を沸騰させるわけにはいきません。
熱くて入れないですよね(^^;)

アトピーさんは、自然を取り入れて活用したほうがいいかなと思うんだけど、ここは科学の力(?)を借ります!

L-アスコルビン酸──ビタミンCです!

わたしがビタミンCを入れると塩素が中和できると知ったのは、シャワーヘッドを買い替えようと思ったとき。

そのときは全身のアトピーではなくて、頭皮湿疹で悩んでいて検索していたんです。
シャワーヘッドのお湯の塩素をどうにかできないかなと思っていたら、アラミック イオニックCシャワーに出会ったんです。

シャワーの持ち手のところにビタミンC粉末を入れて使います。

実際に使ってみると、お湯が柔らかくなって普通のシャワーを使うよりはいいなと思った。

何より面白いのが、本当に塩素が除去できているのかチェック用の錠剤ももらえるところ。

試薬ももらえて、塩素が除去できていないと赤くなり、除去できれば透明のままという錠剤があって、それで自分でチェックが出来ます。

普通にシャワーを使うより断然よかった!

お風呂用に販売がないのかな?と調べてみると、お風呂の脱塩素剤除去 ビタセラ・ワン 90錠を発見し、これも愛用していた。

他の入浴剤と併用できるところも気に入っていました。

でも、ビタセラ・ワンは、悪くはないんだけど、お湯に溶けるまでに時間がかかるんだよね・・・。

そこで再び調べ、ビタミンCの別名がL-アスコルビン酸であることを知り、さらに検索してみると・・・

出てくる出てくる!ビタミンC粉末が・・・!!

その中でも一番コスパがよいと思ったアレスヘルスケア で購入。

250gで700円、お風呂200mlに1g入れるだけで中和できるので・・・250杯分!?

わたしは確実によりまろやかにしたくて、湯船に2杯入れていますがそれでもコスパ安い!!

ただのビタミンCなので、飲み物に入れてもいいんですよ!

お風呂に入れるとしても250gで700円、お風呂200mlに1gで一回あたり2.8円だから、ビタセラ・ワンよりコスパがいいかなと。

粉末なので、お湯に溶けやすいのも気に入っています♪

お風呂の塩素が気になる方に、めちゃくちゃオススメです!

ご購入はこちらから ビタミンC原末(L-アスコルビン酸原末) 250g【メール便配送商品(代金引換・日時指定不可)】

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

フォローする

こんな人が書いてます

管理人:さくら
暴飲暴食ぎみでオタクなアラフォー。愛犬の介護がきっかけで生活が激しく乱れたことで、アトピーが大爆発。
「ラッキーになるためのハッピーナチュラルライフ」腐女子のオタク感想文というブログを運営しています。普通の人が関係ないアトピー治療に関しては、こちらのアトピー別館で記載していこうと思ってます。

詳細はこちら 管理人プロフィールとアトピーの治療概略
免責事項
「アトピーを治したい!」ブログでは、主に管理人・さくらの体感が中心になっています。どなたでも同じ効果が得られるわけではありません。

また、医者でも薬剤師でもないので専門知識はなく、治したいので本などで勉強をしているだけです。こちらのサイトの内容を試して悪化したとしても、責任を取ることができませんので、ご注意くださいね。できれば専門医へ相談を!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事のトラックバック用URL