顏の炎症がネオナチュラルのヒーリングスキンケアセットでひいた!

Pocket

悩みの顏のアトピーの炎症。

最初は脱ステをしようとして、失敗してしまい、ステロイドを塗っても真っ赤な状態はおさまらず、プロトピックを使用。

ある程度まで抑えたはいいけれど、ずっと塗っていると・・・なんかまた炎症がぶり返してきたみたい?

やはり薬は治すものじゃなくて、一時的に抑えるものなんですよね・・・。

どうも肌の下で熱がこもって炎症がくすぶっているようなかんじだと思ったので、老廃物を出してくれる月桃成分がいいんじゃないかと、以前使った月桃成分を思い出しました。

ネオナチュラル ヒーリングスキンケア・トライアルセット

通常、トライアルセットはお一人様一つ限りなんですが、これはオーガニックエキスポ2013で出展されていたときに、会場で買ってきたものなのです!

スタッフさんに旅行用に買いたいと言ったら「ネットだと一人一個だけど、会場ならいいよ~」とおっしゃってくださって、購入できたものなんです。

結局、肝心の旅行のときは・・・肌荒れが酷くて使えなくて、ずっと封印されていたトライアル。

最初に使ったのは2年も前なんです。

そのときに買ったものを思い出して、「今使ったらどうかな?」と思って使ってみたら、なんと赤みが減ってきたんです・・・!

すごくうれしい・・・!!!

肌の健康応援!ネオナチュラル

スポンサーリンク

ネオナチュラルのヒーリングトライアルセット

始めに使ってから2年経過し、肌の状態もものすごく変わっています。

前回試したときは、炎症がありましたが、正直言えば現在ほど酷いものではありませんでした。

それからずっと使い続けていたなら大丈夫だろうけど、さすがに期間があくとまた肌に合うのかどうかわかりません。

再度お試しできてありがたいです・・・!

今回、トライアルのヒーリングスキンケアの7点セットをお試ししました。

[トライアル]ヒーリングスキンケア 7点セット内容

  • モイストクレンジングオイル
  • ヒーリングソープ一白桃
  • ヒーリングローション
  • モイスチャーライザー
  • ピュアエクストラクト一白桃
  • ボタニックオイル
  • UVホワイトプロ

その中で、まだお化粧などが出来ないので、UVホワイトプロとモイストクレンジングオイルは使わないで、以下の4点を重点的に使ってみました。

今回重点的に使った4点

特にいいのがこのヒーリングローション。

Larネオナチュラル ヒーリングローション(トライアル)

ネオナチュラルさんは、無添加の国産ブランドなので、成分は安心。

月桃以外にもへちま水など入っています。
水を一滴も入れずにつくられているんです。

このローションは、わたしも何度かリピートしています。

香りは人によってはちょっと草っぽいと思うかもしれませんが、月桃の香りはネオナチュラルさんのものは比較的抑えられていて、使いやすいと思います。
(他社のものだともっと草っぽいものもあります・・・)

ヒーリングローション 全成分
へちま水、ローズ水、ゲットウ(月桃)葉エキス、渇藻エキス、ローズマリーエキス、ソウハクヒエキス(桑白皮)、モモ葉エキス、ユキノシタエキス、クマザサエキス

ネオナチュラル「ヒーリングローション」水を一滴も加えずに作った100%自然成分の化粧水
(わたしが運営する別ブログに飛びます)

乳液のモイスチャーライザー、前回使ったトライアルでは入っていなかったものです。

Larネオナチュラル モイスチャーライザー(トライアル)

合成香料/合成界面活性剤/合成防腐剤/鉱物油/パラペン/BG/タール系色素、シリコン、パラフィンが無添加。

ヒーリングローションのあと、このモイスチャーライザーを使いました。

白濁したとろみのあるテクスチャですが、つけたあとはさらっとします。

肌荒れした状態で使いましたので、むずむず痒かったんですが、嫌な痒さではなかったんです。

最初は肌に合わないかな?と様子を見てみたんですが、ローションだけより、これをつけたほうが保湿が高まったので、ローションと一緒に使っていました。

モイスチャーライザー全成分
ヘチマ水、水、ホホバ種子油、ゲットウ葉水、モウソウチク茎エキス、ダマスクバラ花水、ローズマリー葉エキス、グリセリン、アルガニアスピノサ核油 (アルガンオイル)、ヒアルロン酸Na、クランベリー種子油、ザクロ種子油、マグワ根皮エキス(ソウハクヒエキス)、ユキノシタエキス、モモ葉エキス、 ユズ種子エキス、黒砂糖エキス、ミツロウ脂肪酸Na、ダマスクバラ花油、ゲットウ葉油、ニオイテンジクアオイ花油、オレンジ油、マヨラナ花油、 マヨラナ葉油、キサンタンガム、クエン酸、クエン酸Na

ピュアエクストラクト一白桃は、月桃の入った美容液。

無農薬栽培の富山のヘチマ水や沖縄月桃、八甲田山に自生するチシマザサなど19種類の和漢植物が入っています。

Larネオナチュラル ピュアエクストラクト一白桃(トライアル)

これは、前回使ったときもわたしの肌にあっていると思っていたものなので、肌荒れしていても心配なくパッチテストもなく使っちゃった!
(普通はパッチテストすべきです!)

ピュアエクストラクト一白桃 成分
ヘチマ水、ダマスクバラ花水、ヒアルロン酸Na、グリセリン、ゲットウ葉水、ローズマリー葉エキス、チシマザサ水、ローマカミツレ花水、オレンジ花水、褐藻エキス、キサンタンガム、ヨーロッパキイチゴ種子油、クランベリー種子油、マグワ根皮エキス、シナノキエキス、シャクヤク花エキス、スギナ葉エキス、ゲットウ葉油、ダマスクバラ花油

顏だけでなく、ヘアケアにも使える昔ながらの製法で作られたオイル。

Larネオナチュラル ボタニックオイル(トライアル)

洗顔→ローション→乳液→美容液のあとに、このオイルを使うとさらっと潤います。

変なべたつきがないのが特徴のオイル。

ボタニックオイル 成分
ツバキ油、マカデミアナッツ油、オリーブ油、ヘチマ葉エキス、アルガニアスピノサ核油、ゲットウ(月桃)葉油、ローズ油、ローズマリー油、ニュウコウジュ油、ゼラニウム油、トコフェロール、イタリアイトスギ油

ボタニックオイルは、美容液のピュアエクストラクト一白桃と混ぜてから使うことで、特に乾燥肌に威力を発揮します!

美容液とボタニックオイルだけでもいいんですが、わたしは油焼けが心配だったのでヒーリングローションも一緒に混ぜて使いました。

Larネオナチュラル ローションと美容液、オイルを混ぜて使う

この状態で、肌に馴染ませると、すごくいい!

以前単品使いをしたときはそれほど威力を感じなかったので、この使い方をしたことで、わたしの肌荒れに効果があったのかな・・・と思っています。

Larネオナチュラル ローションと美容液、オイルを混ぜたもの

肌荒れしているときは石鹸を使わないほうがいいという人もいますが、それも状況によってだと思います。

わたしは現在、洗顔や身体を洗うときは石鹸を使っています。

現在、身体には薬を塗っていて、薬を塗っているときはちゃんと洗って薬を落とさないと、次に塗るときに皮膚に吸収されにくいそうなんです。

顏は現在薬を塗っていませんが、余分な皮脂が多いので洗ったほうがいいかな?と、このトライアルを使い始めてから石鹸も使ってみました。

Larネオナチュラル ヒーリングソープ一白桃(トライアル)

ヒーリングソープ一白桃は、付属のネットがついていますので、それでよく泡立てて、泡だけで身体を洗っています。
(洗顔用ですが、身体も湿疹があるので試しています)

この石鹸も、ヒーリングローションと同じように月桃やローズ水、ヘチマ水が配合されています。

皮ムケがあるのですが、気のせいかもしれませんが、これで洗い始めてから余分な皮脂が減った気がしています。

ヒーリングソープ一白桃
石鹸素地、グラニュー糖、グリセリン、ゲットウ(月桃)葉水、ローズ水、ヘチマ水、エタノール、塩、マリンコラーゲン、アルガンオイル、ユキノシタエキス、桃の葉エキス、ゲットウ(月桃)葉油、ミツロウ、フランキンセンス油、ゼラニウム花油、スイートオレンジ

今回、出番がなかったモイストクレンジングオイル(左)とUVホワイトプロ(右)。

Larネオナチュラル モイストクレンジングオイルとUVホワイトプロ(トライアル)

合成香料、防腐剤、鉱物油を一切使用しないナチュラルな成分のクレンジングは、肌に負担をかけないでお化粧を落とせます。

前回使ったかんじでは、ものすごい強いメイクだと落ちにくいかな・・・とかんじましたが、肌トラブルのある人は薄いメイクだと思うので、それなら問題なく落ちると思います。

UVホワイトプロ 成分
スクワラン、ローズヒップ油、ホホバ油、チャ実油、コメヌカ油、水、ゲットウ(月桃)葉油、ヘチマ葉エキス、ローズ油、ローズマリーエキス、ニュウコウジュ(フランキンセンス)油、オレンジ油、イタリアイトスギ(サイプレス)油、ソウハクヒエキス(桑白皮)、カッコンエキス、アロエベラエキス、水添(大豆)レシチン、トコフェロール(ビタミンE)、レモンエキス、クロレラエキス

もうちょっと肌が落ち着いてきたら、ぜひ使いたいUV。

紫外線吸収剤を使用しない天然由来成分100%で、SPF20・PA++と日常生活を送るには十分なUVです。

前回使ったときは、さらっとした使い心地だったのを覚えています。

わたし、紫外線に弱いタイプなので、もうちょっと肌を回復させて早く使いたい!

UVホワイトプロ
ヘチマ水、オリーブ油、酸化チタン、エタノール(サトウキビ由来醸造アルコール)、ステアリン酸、レシチン、ゲットウ(月桃)葉水、水、水酸化Al、グリセリン、ゲットウ(月桃)葉油、ダマスクバラ花油(ローズ油)、ツバキ油、ホホバ種子油、ローズマリーエキス、ニュウコウジュ油(フランキンセンス)、キサンタンガム、プルラン、アルギニン、マグワ根皮(ソウハクヒ)エキス、カンゾウ根エキス、スクロース、ヒノキチオール、トコフェロール、クエン酸、クエン酸Na

実際に使って肌はどうなったのか?

あまりさらしたくありませんが、使ってから5日後のお肌です。
※このヒーリングスキンケアセットを使っている期間、ステロイドもプロトピックも使っていません。

この記事を書いているときは、一週間経過しました。
少しカサカサが出たり、赤みが出たりするときもありますが、個人的にはよくなったほうです・・・!

嬉しくて、実に一年半ぶりに美容院い行けたほどです!
(肌荒れが酷くて恥ずかしくていけなかったんです・・・)

使う前は・・・写真を撮り忘れました(^^;)
ちょうど鏡も見たくないほど赤かったですしね。

Larネオナチュラル ヒーリングスキンケア・トライアルセットを使って5日後

肌荒れはまだありますし、完全ではありませんが、真っ赤だった炎症がひいているんです・・・!

染みっぽいのと黒ずみは・・・もうしょうがない・・・炎症があったあとです。

ほくろはもともとあったものです。

白くポツポツあるのは、プロトピックの副作用です・・・。
(まあ、激しかった炎症を抑え込んだのでしょうがないですが・・・)

まだ肌の下にくすぶりが感じられますが、真っ赤の状態ではないので、自分としてはとっても嬉しい・・・!

ちなみに、使用感ですが、最初はむずむず痒かったです。
しかし、わたしの場合、どれを塗ろうが痒いので、ちょっとぐらい悪化してもたいして変わらないな・・・と使い続けていました。

月桃はなぜいいのか?

月桃(げっとう)は、沖縄地方のハーブで抗菌作用が強いと言われています。

月桃という植物は、老廃物を出す『排出』と、内側から『再生』していく力が強いんだと伺いました。

全体的に月桃は草っぽく、メーカーによって香りがだいぶ違います。

月桃だけしか入っていないローションはかなりの草臭なので、月桃初心者だったらネオナチュラルさんのヒーリングローションが一番使いやすい香りだと思う。

合成香料を使っていない自然なハーブの香り・・・わたしは好きですが、やはり苦手と感じる人もいるようです。

実はですね、このヒーリングローションを使う前に他の製品の月桃ローションを使っていたんですが、ここまで赤みがひくということはありませんでした。

また、単品でネオナチュラル製品を使ったこともあるけど、ここまで肌が落ち着いたことはなかったので、もしかしたらラインで使ったからかなという気がしています。

これから長く使っていきたいですが、できれば身体のアトピーにも使えるコスパ最高の月桃があればいいな・・・ということで、もうちょっと月桃を使ったローションを探してみてから、これを使い続けるか決めようかなと思います。
(お財布問題は、長く続ける上で重要です・・・笑)

わたしには月桃は肌にあっているようです♪

トライアルの感想はこちら 国産オーガニックコスメ・Larネオナチュラル「ヒーリングスキンケア3+1+ボタニックオイル+UVホワイトプロ」を使ってみた感想
(わたしが運営する別ブログに飛びます)

ご購入はこちらから ヒーリングスキンケア・トライアルセット【送料無料】

※肌質により、人により合う合わないがあり、必ず同じ体感を得るものではありません。必ずパッチテストをしてからお試ししましょう!

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

フォローする

こんな人が書いてます

管理人:さくら
暴飲暴食ぎみでオタクなアラフォー。愛犬の介護がきっかけで生活が激しく乱れたことで、アトピーが大爆発。
「ラッキーになるためのハッピーナチュラルライフ」腐女子のオタク感想文というブログを運営しています。普通の人が関係ないアトピー治療に関しては、こちらのアトピー別館で記載していこうと思ってます。

詳細はこちら 管理人プロフィールとアトピーの治療概略
免責事項
「アトピーを治したい!」ブログでは、主に管理人・さくらの体感が中心になっています。どなたでも同じ効果が得られるわけではありません。
また、医者でも薬剤師でもないので専門知識はなく、治したいので本などで勉強をしているだけです。こちらのサイトの内容を試して悪化したとしても、責任を取ることができませんので、ご注意くださいね。できれば専門医へ相談を!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL