自分の塗っているステロイド外用薬の強さを知る。ステロイドのランクと塗り方

Pocket

皮膚科に行くと必ずといっていいほど処方される塗り薬・ステロイド外用薬。

ステロイド外用薬

一時期、ステロイドがもてはやされて、とてもよく処方されました。

そのあとに、ステロイドバッシングがあり、ステロイドは悪!みたいなかんじになりましたね。

簡単にステロイドとは何かを知った上で、どうやって付き合っていくのがいいのかを考えてみたいと思います。

ステロイドとは、体内の副腎というところから生み出す副腎皮質ホルモンのうちの1つです。

ステロイド外用薬(塗り薬)は、5段階のランクに分かれています。

スポンサーリンク

ステロイド外用薬のランク・強さを知る

三牧ファミリー薬局さんのホームページに、とても詳しい表が掲載されています。

これを知ってどうするんだ・・・と思うかもしれないけど、知ることも重要ではないかと思っています。

少なくとも、自分のアトピーの程度がわかると思う。

わたしは、調べるまでは自分がどのランクのものを塗っているのか、まったく知りませんでした。

ちなみに、わたしが塗っていたステロイド外用薬はこれ。

  • マイザー(very strong)
  • フルメタ(very strong)
  • アンテベート(very strong)
  • リンデロン‐V、リンデロン‐VG(strong)
  • ロコイド(medium)

一番弱いweakなんて出たことがあったかな?

酷いときは、一番強力なデルモベートも出たことがあります。
でも、そのときに説明はされていなかったように思います。

皮膚科の先生を信頼していないわけではありませんが、処方するときに説明くらいあってもいいのではないかと思ってしまいました。

主なステロイド外用薬の強さのランク一覧表

ステロイドの塗り方

これも教えてくれてない気がする。

『塗り薬を出す→患部に塗る』ってかんじですよね。

皮膚科医としては当たり前なのかもしれないけど、アトピーが悪化して調べていくうちに、ステロイドには塗り方があったことがわかりました。

参考にしたのはナビタスクリニック川崎という病院のサイト。
内科、皮膚科、小児科、女性内科、トラベルクリニック、貧血外来がある病院。

こちらのサイトによると、基本は軟膏は「皮膚に直接のせてからのばす」こと。

手に軟膏をつけて延ばしてから、患部に塗る人が多いそうですが、それだと薬が吸収されるのは『手』になってしまいます。

軟膏は、「皮膚に直接つけてからのばす」、そしてすりこまないこと。

こちらの病院のサイトのいいところは、アトピーのステロイド治療は、根本治療ではないとちゃんと書かれていること。

皮膚科で聞くと、「薬を塗っていれば治ります」といわれることが多かった中、こちらではステロイドをうまく使いながら健康にしていくと書かれていて、できればこういう皮膚科が近所にあればよかったなと・・・。

アトピー性皮膚炎について

ちなみに、わたしは現在、減ステ中です。

何度か脱ステという、ステロイドを塗るのを止めるということをしたのですが・・・耐えられなかったんですよ。

ステロイドでリバウンドがあるのかないのかということは、病院によっても見解がわかれているようで難しいです。

ステロイドを使わなくなったから、本来のアトピーが出てきた説、ステロイドを使っていたから、塗っていたところがリバウンドしてきた説。

・・・どちらもある気がして、現在、これについての考えは保留です。

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

フォローする

こんな人が書いてます

管理人:さくら
暴飲暴食ぎみでオタクなアラフォー。愛犬の介護がきっかけで生活が激しく乱れたことで、アトピーが大爆発。
「ラッキーになるためのハッピーナチュラルライフ」腐女子のオタク感想文というブログを運営しています。普通の人が関係ないアトピー治療に関しては、こちらのアトピー別館で記載していこうと思ってます。

詳細はこちら 管理人プロフィールとアトピーの治療概略
免責事項
「アトピーを治したい!」ブログでは、主に管理人・さくらの体感が中心になっています。どなたでも同じ効果が得られるわけではありません。

また、医者でも薬剤師でもないので専門知識はなく、治したいので本などで勉強をしているだけです。こちらのサイトの内容を試して悪化したとしても、責任を取ることができませんので、ご注意くださいね。できれば専門医へ相談を!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事のトラックバック用URL