アトピーにも関係ある?WHO認定の加工肉は発ガン性のリスクありと発表

Pocket

アトピーにも関係ある?WHO認定の加工肉は発ガン性のリスクあり

ウインナーやベーコンなどの加工肉を食べた場合の発ガン性のリスクについて、WHOが正式に発表しました。

これによって精肉業界などは反発するでしょうが、これってわたしのようなアトピーにも関係あるのかなと考えてみました。

スポンサーリンク

毎日ベーコン2切れ以下を食べると大腸がんにかかる確率18%上昇

世界保健機関(WHO)が10月26日(月)に、ウインナーやベーコンなどを毎日食べた場合、発がん性リスクがあがると発表がありましたね。

わたしはテレビのニュースで見て、「ああ・・やっぱり・・・」と思ってしまいましたが、加工肉を製造する業者は反発するでしょう。
まあ、商売あがったりになるから当然ですね。

専門機関・国際がん研究機関(IARC)の報告は、加工肉を毎日食べた場合、50グラム(ベーコン2切れ以下)ごとに大腸がんにかかる確率が18%上昇するとしている。赤肉も「恐らく発がん性がある」が、限られた証拠しか得られていないという。(引用:加工肉に発がん性あるとWHO

加工肉を毎日食べた場合、50グラム(ベーコン2切れ以下)ごとに大腸がんにかかる確率が18%上昇とされています。
赤身肉は「おそらく発がん性がある」というレベルではあるものの、発がん性を疑っている模様です。

また、どれくらい危険なのかが気になるところですが、そのレベルは高そうです。

発ガンの危険があるものはランク別にわかれているんだけど、ハムやベーコン、ソーセージなどの加工肉は「人に対して発がん性がある」とする「グループ1」として正式に指定しています。

このグループわけは、グループ1、グループ2A、グループ2B、グループ3、グループ4の5段階にわかれていて、グループ1が一番危険なものです・・・。

そして、牛や豚、羊などの赤肉「人に対しておそらく発がん性がある」とする「グループ2A」に分類しているんです。

今回は大腸がんについて指摘されていますが、加工肉は胃がんとも関係があるようです。

加工肉って何?どれが加工肉?どれくらいなら食べていいの?

そもそも加工肉とは、どれのことなのか。

英国のがん研究機関「Cancer Research UK」はWHO報告について、赤肉や加工肉の摂取を一切止やめるのではなく量を減らせば十分で、ベーコン・サンドイッチをたまに食べるくらいはかまわないとしている。(引用:加工肉に発がん性あるとWHO

加工肉と赤身肉の食べ過ぎがNGであって、それ以外の肉を適度に食べるのは問題ないと英国のがん研究機関「Cancer Research UK」はいっていますね。

加工肉の定義は、賞味期限などを延ばしたるするのに燻製や塩漬け、塩や保存料を使っているものとされています。

例えばひき肉は、肉をミンチにしただけなので加工肉にはあたりません。

ハムやベーコン、ウインナー、さらみ、ビーフジャーキーなど、肉そのままの状態ではなく、何かに「加工」したものが加工肉にあたります。

英国のがん研究機関「Cancer Research UK」は、一日の加工肉の摂取量の目安をアップしています。

  • 朝食:ウインナー2本、ベーコン3枚⇒ウインナー1本、ベーコン1枚に減らす
  • 昼食:ハム2枚⇒豚肉やナッツに変更をして加工肉・赤身肉を食べない
  • 夕食:ひき肉100g⇒ひき肉を減らして豆や野菜を足す

イギリス人の食生活での目安ですが、日本人でも今はだいたいこんなかんじですよね・・・。

ただ、これで誤解するといけないのは赤身肉がダメということではないんです。

赤身肉は鉄分や亜鉛、ビタミンB12を摂取することができるので、要するにトータル的に肉の食べ過ぎも関係してるよな・・・と思いました。

Processed meat and cancer – what you need to know – Cancer Research UK – Science blog
※内容は英語です。

アトピーで加工肉を毎日食べたらどうなった?わたしの体感の話

加工肉を食べると発ガン性のリスクがあがるという話ですが、アトピーにまったく関係ない話ではないのではないかと思っています。

わたしのアトピーが大悪化時に、お肉中心のMEC食にするか、野菜中心の食生活にするかものすごく悩み、現在は野菜中心のマクロビ食のすごいゆるいかんじでやっています。

以前書いた記事はこちら
アトピーにはマクロビ食より糖質制限+MEC食がいいらしい?
アトピーには肉食より野菜中心&和食がいいらしい?

加工肉もMEC食を実行したときに、たくさん食べました。
毎食必ず肉を食べてみていました。

やってみて思ったのは、加工肉の成分表示を見ても、意味がよくわからない食品添加物がたくさん入っているな・・・ということ

MEC食で体調がよくなったという人も結構いるので身体にあう人はいいでしょうが、胃腸が弱っているアトピーさんが食べるべきものではないと感じました。
肉は消化にすごく時間がかかるので、胃腸に負担がかかるんですよね。

MEC食は肉食生活にすることなんだけど、その期間はずっと肉が主食です。
満腹感や食べた満足感はすごくいいんだけど、そのあと痒みが襲ってきました。

暫く試してみたのですが、肉を食べると痒くなるので中止しましたが、そのときに食べていたのが調理が簡単な加工肉でした。

食品添加物は健康被害があると大分前から指摘されているものですが、色々な食品にたくさん入っています。

アトピー悪化の要因は色々あげられますが、食品添加物の積み重ねも悪化の原因の一つではないかと思っています

食品添加物は、普通に食べても体内で消化するのが難しい。
そういう毎日の積み重ねが、健康のバランスを崩すきっかけになり、それが今回の発がん性に結びついたのではないかと思いました。

加工肉で発がん性があるの発表についてのさくらの感想まとめ

アトピーと加工肉についてはわたしの憶測の話ですが、WHOが発がん性について発表したのは本当です。

わたしがなぜガンを気にするのかというと、父方はガン家系です。
父の兄弟はほとんどがガンで亡くなり、ガンを治療中の人もいるし、摘出手術をした人もいます。

そして、ガンにならなかった人は、アトピーと喘息を患っています。
冷え取りにも書かれてはいましたが、ガンとアトピーは無関係ではないのでは・・・とわたしも思っているからです。

加工肉を毎日一日50g以上を食べてガンになる確率の話は英国の話なので、日本人にどれくらい関係しているのか・・・というのとは別の話だと思っています。

ただ、日本は食生活が欧米化していますので・・・まったく無関係でもないと考えています。

手軽に簡単に美味しく食べられるものの裏側には、何かそれ相当のリスクがあると思ったほうがよさそうです。
トータル的に「肉は食べすぎるな」ということかなと思いました。

何事もほどほどですよね。

※以上は素人の考察も含まれるので、医学的見地がないものもあります。

加工肉に発がん性あるとWHO
赤肉・加工肉摂取量と大腸がん罹患リスクについて

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

フォローする

こんな人が書いてます

管理人:さくら
暴飲暴食ぎみでオタクなアラフォー。愛犬の介護がきっかけで生活が激しく乱れたことで、アトピーが大爆発。
「ラッキーになるためのハッピーナチュラルライフ」腐女子のオタク感想文というブログを運営しています。普通の人が関係ないアトピー治療に関しては、こちらのアトピー別館で記載していこうと思ってます。

詳細はこちら 管理人プロフィールとアトピーの治療概略
免責事項
「アトピーを治したい!」ブログでは、主に管理人・さくらの体感が中心になっています。どなたでも同じ効果が得られるわけではありません。

また、医者でも薬剤師でもないので専門知識はなく、治したいので本などで勉強をしているだけです。こちらのサイトの内容を試して悪化したとしても、責任を取ることができませんので、ご注意くださいね。できれば専門医へ相談を!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事のトラックバック用URL