アトピー治療で光線治療7回目に行ってきた

Pocket

アトピーの治療で光線療法の7回目が終わりました。

光線療法1~5回目の治療はこちら
ステロイド皮膚炎になりかたアトピー、光線治療を始めてみました
アトピー治療で光線治療5回目に行ってきた
アトピー治療で光線治療6回目に行ってきた

7回目の光線治療が終了しました。
年内ではこれが最後の光線です。

スポンサーリンク

光線治療7回目

前回の6回目の治療では、800Wを3分30秒の光線を浴びました。

いつもは、2日置き、3日置きと交互にやっていたんだけど、年末年始のお休みの関係で、2日置きが3回連続です。

やはり顔のヒリヒリ感や赤みがかなり気になります。

じわじわと熱を持ってくるし、ヒリヒリも結構増してきてる。

身体のほうは、肌の色がちょっと薄黒くなってきた気がする。
デルモベート入り軟膏が出ているので耐えられないほどではない。

勝手に塗る回数を一日に2回だったところを1回に減らしても問題ないくらい。

薄く皮が向けるかんじはあるんだけど、夏の海で日焼けしたあとに向けるあの薄皮なかんじなので、これは心配していません。

純粋な湿疹での皮ムケと、ちょっと違うかんじなんです・・・!

前回、顏のヒリヒリが増している件を相談したらアルメタを塗っておいてということだったので、塗っていましたが・・・なんか皮膚の皺が増えてきていて、ものすっごい気になるんですよ・・・。

個人的にはアルメタが効いている気がしないというか・・・。

そのことも話をしたんだけど、赤みや皺が出来てから肌の張りが出てくるからと苦笑しながら簡単に言うんだけど・・・

・・・・・・・・・・・・・それが信用できないと思ってるから聞いているのに・・・(>_<)

他の病院の先生からは聞いたけど、あなたからはちゃんと説明を聞いていないじゃない。
アトピー歴が長いから、何でも知っているのが当然のように答えるんだけど、そんなことはないし、不安なことは不安なんです。

ちゃんと説明をして、不安を消してくれればいいだけなのにな~。

不安は消えないまま、診察は2分で終了(笑)。
この病院は、今での経過などを看護婦さんに話をして、そこから先生へと伝えられるので、どこまで伝わっているのかいまいちわからないところが不安。

不安なんだけど、通える範囲の光線治療の全身型の機械がここしかいないんだよね(^^;)

800Wを3分50秒浴びてきました。
この光線のあげたりとどめたりするのも説明がないんですよね。

もうちょっと説明しろ!!と言いたいんだけど言えない・・・。

皮膚科医はもっと話を聞いてほしい・・・

いつも通っている歯医者さんが近所にあるんだけど、そこの先生が本当にわたしのアトピーを心配してくれています。

まあ、通い始めたころは顔にアトピーは全く出ていなくて、今は真っ赤に腫れ上がっているし、歯の治療は顔をやっぱり見るからね・・・気になりますよね(^^;)

いつも青森のほうにいい先生がいるとか色々教えてくれるんだけど、その歯科医の先生が、知り合いに薬に頼らないでアトピーの治療をしている先生がいると教えてくれました。

この日は歯医者さんは空いている日だったから話をしてくれたんだと思います。

やはり病院は製薬会社との関係があるから(薬の点数とか)、薬を出さない治療は、色々な方面と喧嘩したりするんだそう。

その知り合いの先生は、周囲と喧嘩しながらも治療をしているんだそうで・・・そういう話を聞くと、アトピー患者っていいカモだよな・・・と思っちゃいますね・・・。

わたしがステロイドとプロトピックが効かないと話をしているのに、出してきたりするのは、そっちのほうが薬の点数がいいからですよね、きっと・・・。

薬の点数がいい=売り上げてるってことですよね・・・。

・・・と、考えちゃうといけないよな~と思いながら、考えちゃう。
皮膚って死ぬわけじゃないもんね。

それでも、他の軟膏を出してもらうのに、結構苦労しました。
薬が合えばそんなことは言わないし、根拠がない状態で合わないと言っているわけじゃないので、少しは話をちゃんと聞いて欲しいです・・・。

先日、父が慈恵医大に乾癬の治療で診察を受けたそうなんですが、診察時間はなんと40分。じっくり話を聞いてくれたそうです。

治る治らないは別として、話を聞いてくれた、チラッと見ではなくちゃんと診察をしてくれたというのが嬉しいですね。

なんか光線の話をずれちゃいましたけど、皮膚科医はもっと話を聞いて欲しいなってことが言いたくなっちゃいました。

そんな光線治療7回目でした。

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

フォローする

こんな人が書いてます

管理人:さくら
暴飲暴食ぎみでオタクなアラフォー。愛犬の介護がきっかけで生活が激しく乱れたことで、アトピーが大爆発。
「ラッキーになるためのハッピーナチュラルライフ」腐女子のオタク感想文というブログを運営しています。普通の人が関係ないアトピー治療に関しては、こちらのアトピー別館で記載していこうと思ってます。

詳細はこちら 管理人プロフィールとアトピーの治療概略
免責事項
「アトピーを治したい!」ブログでは、主に管理人・さくらの体感が中心になっています。どなたでも同じ効果が得られるわけではありません。
また、医者でも薬剤師でもないので専門知識はなく、治したいので本などで勉強をしているだけです。こちらのサイトの内容を試して悪化したとしても、責任を取ることができませんので、ご注意くださいね。できれば専門医へ相談を!

コメント

  1. アトピー25歳男性 より:

    試しにくいかもしれませんが、鍼灸に効果を感じていますのでお伝えしにコメントを残そうと思います。

    1年8ヶ月前に強烈なアトピー(それ以前もベルト周辺の肌が黒ずんだりと、肌トラブルには悩まされていました。幼少期に小児ぜんそくがあり、ぜんそくはその後おさまりましたがアレルギー性鼻炎は慢性的にありました)に襲われ、それから近くの皮膚科で治療を受け、ヒルドイドとキンダーベートを混ぜた薬(体)とプロトピック(小児用0.03%・顔首用)での「治療」を受けてきました。

    どうもアトピー性皮膚炎(と診断を受ける)患者の中にはもともと低血糖で副腎(体内でステロイドを産生する臓器)の機能が弱く、結果として手っ取り早く血糖値をあげるために甘いものや炭水化物を多量摂取し、まわりまわって内臓がさらに弱るというスパイラルに陥っていることがあるようです(そして私はその自覚もあります)。
    また、1ヶ月以上のステロイド連用で副腎の機能に副作用(はっきりいって「副作用」自体が本来の作用ではないかと思いますが)をきたし、その回復には長い期間が必要になることもわかっているようです。

    鍼や灸を肌に直接乗せたり打ったりすることに抵抗感が私も当初ありましたが、保湿剤やステロイド剤、プロトピックに不審を感じ、我慢ならなかったため、現在鍼灸院と紫雲膏(標準治療では痔の治療にしか出してもらえないため自費・血漿が流れ出るようなところではおさえが利かないのでほかの薬に頼るか何もせずおさまるのを待つかの2択ですが、真菌の増殖を抑え、肉芽形成を促す作用があり、ごく少量でじわじわ効きます)を使っての治療を受けています。
    現在1ヶ月目ですが、プロトピックを使用中であっても悪化していた顔と首がひどい乾燥肌程度には収まっているので、効果はあるものと実感しています。

    光治療も初期に受けたことがありますが、おそらく根本的な治療ではなく、一時しのぎの方法になるのではないかと思います(前述の理由から)。
    医師と違い、専門的な知識には疎い方が多い印象がありますが、鍼灸の先生方のほうが信頼できるように思われます。

    • さくら より:

      アトピー25歳男性さん、はじめまして。
      コメントをありがとうございます。

      >どうもアトピー性皮膚炎(と診断を受ける)患者の中にはもともと低血糖で副腎(体内でステロイドを産生する臓器)の機能が弱く…

      その考えもとても頷けるものがあります。
      アトピーさんは甘いものがすごく好きですよね(^^;)

      鍼灸をオススメくださって、ありがとうございます。

      以前、アトピーが酷くないときに鍼灸をうけていたので
      鍼やお灸自体に抵抗はありません。
      信頼できる腕のいい鍼灸師さんがやめてしまったのをきっかけに、通わなくなること3年くらい経過しています。

      そういえば、鍼灸をやっていたときは、言われてみればアトピーもマシだったような気がしてきました。
      ただ、湿疹が酷いと身体をみられるのがちょっと抵抗ありますね(^^;)

      現在、光線療法も受けていますが、確かに根治するための治療ではないかも・・・と、思い始めていました。
      肌は多少強くなりそうな気がしますが、そうですよね・・・紫外線は体内から治すものではないですよね・・・。

      紫雲膏はなるほど、痔の薬なのですね。
      どうりで皮膚科で処方してくれないわけですね(^^;)
      しかも真菌の増殖も抑えてくれるのですね。
      よいことを教えてくださり、ありがとうございます。

      紫雲膏は購入を検討してみたいと思います。
      光線療法と鍼灸院、紫雲膏を平行して試したら、なんか良さそうかも・・・と思いましたが・・・予算が厳しいですね~(苦笑)。

      アトピーは本当にお金がかかりますね。
      鍼灸院も信頼できそうなところ(アトピーに強そうなところ)を探してみたいと思います。

  2. アトピー25歳男性 より:

    なかなか難しいですよね、金銭的にも知識的にも……。
    私は迷ったら、治すのは自分であって、治療法はあくまでもその援護だと思うようにしています。健康になった結果として種々のいわゆる「病気」が治るのだと。
    その援護射撃がフレンドリファイア(味方殺し)かどうかを見抜き、なるべく少数精鋭で目標地点に到達するには何と何を組み合わせるべきかと考えています。
    私がいまいち西洋医学を信用していないのは、風邪(大抵がウイルス性)に抗生物質を出して平気な顔してるあたりですかね……。

    紫雲膏についてですが、プロトピックやステロイド外用薬と違い、すり込む薬だということだけ念頭に置いておかれれば、使い方を間違うことはないと思います(ステロイドのように乗せておくような使い方ではないということです)。
    火傷に使える薬かどうかを試した方のHP(おそらく紫雲膏 火傷でヒットすると思いますが)のような使い方は避けておいたほうがよいと思います。このあたりいまいちきちんと解説のあるページというのを見たことがないので追記させていただきました。

    昨年12月に血液検査をかけて、IgE(即時型)とIgG(遅延型)の検査結果を待っているところですが、その結果を受けて何か思いつきがあればまた書き込みをさせていただこうと思います。

    さくらさんがアトピー性皮膚炎(またはそれに類する症状)で生活に支障を感じることがなくなる、ひいてはアトピーが根治することを願っています。

    • さくら@管理人 より:

      アトピー25歳男性さん>

      アトピーが大爆発してから、やっとアトピーについての勉強をはじめました。
      まだまだ知らないこともあるし、金銭的にも試せていないことがいっぱいあります。

      アトピーを治すのは自分だという気持ちが大事なのだと、わたしも実感しています。
      病院に任せきりのままなら、きっと根治は難しいでしょうね・・・。

      西洋医学もいいところはあるのでしょうが、我々のような慢性病には有効ではないと思っています。
      日本はどうしても西洋医学のほうがメジャーですしね、他の医学の病院に通ってみたいと思ってもなかなか難しいですよね。

      紫雲膏についての補足もありがとうございます。
      以前から存在は知っていたのですが、色々調べすぎて試したいリストからスポーンと存在が抜け落ちていました(^^;)

      アトピー25歳男性さんも血液検査をされたのですね。
      わたしも血液検査を昨年12月に試しました。

      病院でやったのでIgEのほうで食べ物メインで調べましたが、ほとんどひっかかりませんでした。

      アトピーによくないと言われている食材は控えていますが、IgGのほうで調べたら反応が出そうかなと思っています。
      検査キットが高いので、またちょっと後回しになっていますが、わたしも調べてみたいです。

      アトピー25歳男性さんも過ごしやすい日常を送れるようになるといいですね。
      打倒アトピーでお互い頑張りましょう!

      このたびは情報をありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL