アトピー治療で光線治療5回目に行ってきた

Pocket

あまりよくならないアトピー、今年こそ何か目途をたてたい・・・!と思って光線治療をはじめてみました。

光線療法1~4回目の治療はこちら ステロイド皮膚炎になりかたアトピー、光線治療を始めてみました

今回は5回目の光線治療でした。

スポンサーリンク

光線治療5回目

めちゃくちゃ調べまくってナローバンドUVBという全身型の機材がある皮膚科に通い始めました。

本日は5回目の治療。
光線は肌に直接紫外線を当てる治療なので、全裸になりバスタオルを巻いて先生を待ちます。

病室はダイソンのホット&クールがついていますが、まあちょっと肌寒いね(^^;)

日焼けの症状が出ることがあるそうなので、ヒリヒリ感があるかどうかとか問診を受けます。

紫外線は、回数を追うごとに強くあてるようになるそうで、先生が皮膚の状態をみてから長さや強さを決めます。

本日は700Wで3分。
300Wからはじめて徐々に強くなってきています。

光線を当てている間は、ずっと目を閉じて突っ立てるだけです。

心なしかちょっと色黒になってきたようなかんじがあります(笑)。

顏が4回目の光線のあとからちょっと痒くて、先生に相談してみたところ、以前病院を移動する前にもらってまだ残っているアルメタを塗っておきなさいとのこと・・・。

アルメタは、IV群(中程度)のステロイドランク。

実は身体の湿疹が本っ当に酷くて、皮膚がベロンベロンで落屑が激しい状態だったので、I群(最強)のデルモベート軟膏のミックスが処方されているのですが・・・出来れば使いたくないというのが本音。

そもそも、ステロイドが合わないからと光線治療をお願いしたというのに・・・。

アルメタ軟膏

・・・顔にステロイドはちょっと・・・嫌だなぁ・・・と思って、現在は保険外治療の病院で貰った軟膏を塗って凌いでいます。

自分で調べるからある程度はわかっているステロイドのランクですが、病院側から一切説明がないというのが、個人的に腑に落ちないところです。

デルモベートを出すなら、一言くらい説明が欲しいですよね~。

塗った期間はメモしているので、次回の光線のときにいつまで塗り続けるのか、ちょっと聞いてみようと思います。

光線治療は効いているのかどうか?

まだ光線のおかげでよくなったとは体感できていません。

光線治療は、20回以上当ててやっと効いてくると先生からも、体験した人からも話を聞いています。

今はきっとステロイドで抑えているから痒みがひいて、湿疹も引いているんだと思います。
(逆にデルモベートで湿疹がひかなかったら問題です・・・!)

本当は切実に塗り薬を使いたくない。
わたしの感想ですが、先生に言われたとおりにずっとずっとずっと薬を塗ってきて、アトピーは治らなかった。

一時期は、脱ステをしようとして3回ほど失敗しました。

アトピーさんは精神力が弱いそうですが、わたしはその典型的パターン。

アトピー大爆発のときの影響か、わたしのメンタルは大変な豆腐のようにもろくなり、今は一人で頑張る気持ちが持たないのです・・・。

今のわたしは薬を塗らずに湿疹と闘う気持ちが激減してて、先の見えない闘病生活に疲れてしました・・・。

回数をこなすと薬を塗らなくても大丈夫になるらしいという光線治療をやりながら、食べ物の除去などのアレルギー対策をやっていこうと思ったんです。

まだ5回目なので、光線はまだ効いてこないでしょう。
光線治療を行いつつ、アトピーに悪いという食品なども除去を続けていこうと思います。

早く薬のいらない生活になることを祈って!

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

フォローする

こんな人が書いてます

管理人:さくら
暴飲暴食ぎみでオタクなアラフォー。愛犬の介護がきっかけで生活が激しく乱れたことで、アトピーが大爆発。
「ラッキーになるためのハッピーナチュラルライフ」腐女子のオタク感想文というブログを運営しています。普通の人が関係ないアトピー治療に関しては、こちらのアトピー別館で記載していこうと思ってます。

詳細はこちら 管理人プロフィールとアトピーの治療概略
免責事項
「アトピーを治したい!」ブログでは、主に管理人・さくらの体感が中心になっています。どなたでも同じ効果が得られるわけではありません。
また、医者でも薬剤師でもないので専門知識はなく、治したいので本などで勉強をしているだけです。こちらのサイトの内容を試して悪化したとしても、責任を取ることができませんので、ご注意くださいね。できれば専門医へ相談を!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL