「顏のアトピーが悪化して会えない」と言えなくて友達をなくした話

Pocket

アトピー性皮膚炎は色々場所に出ますよね。

わたしも最初に診断されたときは、右手の人差し指に湿疹が出来たことがきっかけでした。

それがとびひと言われ、何故かそのままアトピーとして治療をしていくことになりました。

ところで、アトピーの人で友達をなくした人はいますか?

わたしは今年、友達をなくしました。
気がついたときには友達じゃなくなっていました・・・。

そんな話です。

スポンサーリンク

わたしのアトピーの歴史

わたしのアトピーは中程度。

悪化がはじまった2~3年ほど前は「これが重症か!」と思ってたんだけど、病院の先生に聞いたところ「中程度」とのことでした。

(これで中程度なら、重症の人はもっと辛いはず・・・)

でも、それまではきっと軽症だったんじゃないかと思うほど、一見するとアトピーとわからないまで、薬でコントロールをしていました。

程度問題は別として、アトピーが人の目に触れるところに出ると、とても辛いものです。

小学生の頃は手荒れが酷く、すべての指が切れていて、手を出すのがコンプレックスでした。

手荒れだけはずっと治らず、昨年まで指は傷だらけでした。
気がつけば、手荒れがかなり改善されていました。
ちなみに理由は不明です・・・。

わたしの最近のアトピーの悪化は、最初は足からはじまりました。
だんだんと上半身に進出、背中も症状が出て、今は顏にも出ています。
もちろん頭皮も・・・。

顏のアトピーは中学生の頃にも出たことがありましたが、そのときも気持ちがふさぎ込んでしまい、人と話したくなくなってしまった。

顏のアトピーが酷いときは、薬を塗りたくり、人と話さないように休み時間も教室の自分の席でじっとしていたと思う。

その頃の記憶はあまりないんだけど、いつの間にか顏のアトピーは回復。

高校生になったわたしは、顏だけは本当に嫌だったのでそこだけは死守しようと、薬もしっかり塗ってきました。

おかげでアトピーで憂鬱になることはありませんでしたが、それはステロイドを塗りたくったからでしょう。

友達だった人が友達じゃなくなっていたことに気がついた・・・

薬でコントロールしていると思っていたアトピー、それが大爆発するときがあるんですね・・・。
わたしは、そのときまで、こんなことになるとは露ほども思っていなかった。

35歳を過ぎたあたりでアトピーが爆発し始めました。
はじめて飼った愛犬が介護に入り、昼夜逆転生活が始まったのがきっかけだったと思う。

それまでは顏だけは死守していたので、普通の顏でした。
化粧だってしていたけれど、安いものは使えなくて、化粧水も成分がよく高価なものを使っていました。

最初はおでこの一部が赤く炎症が出てしまっただけでした。
それも1年以上続いき、それでも憂鬱でした。
(身体も酷いですが、まだ隠せるので・・・)

でも、それはまだ軽いほうだった。

ここ1年半ほどは両頬も炎症が出てしまい、顏は真っ赤。
人と会うのがすごく嫌になり、色々な理由をつけて断っていました。

新しく会う人はまだいいんです。
「あ、アトピーなんだ」と思うだけだと思うから。

辛いのは、昔、顏に湿疹が出ていなかったときを知っている人たち・・・。

身体のアトピーも嫌ですが、そこはまだ服で隠せます。
でも顔は・・・目出し帽を被らない限りは難しい。

この赤く腫れあがった顔を見られたくなくて、「仕事が忙しい」とウソをついたりしました。

顏の状態がいいときに会っても、テンションが上がらず暗い気持ちのままのわたし。

趣味がアクティブなオタクだったので、人とあっては萌えトークを熱く繰り広げていたわたしでしたから、沈み込んだ状態で何度も会い続ければ、フィーリングが合わない、会わない間にわたしの性格が変わったと普通は思いますよね・・・。

友達だと思っていた人が友達じゃなくなったのを気がついたのは、最近発達したSNSでのこと。

気がついたきっかけは、実名をさらして登録するFacebook。

いつも誕生日のお祝いコメントを書き込んでいたので、今年はFacebookにしようと思って自分の友達欄を見ると・・・
「あれ?その人の名前がない!?」

  • 何かのいたずらで解除されたのか?
  • 不具合でも起きたのか?
  • それとも病気か何かでFacebookをやめたのか?

そう思って、不具合を検索してみたのですが、そんなものは起こっていなくて『それはあなたが友達を解除されたということです』と出てきて・・・自分が友達を解除されたのは、不具合でもなんでもなく、相手の意志で解除されたんだと気がつきました・・・。

  • 友達を解除をするなら、なぜ言ってくれなかったのか?

そんなことを思っていたときもあった。
まあ、自分が解除をする立場であれば・・・言えませんよね・・・。

当時はツイッターでフォローされていて、Facebookで解除された意味がわからなくて、わたしは混乱していました。

ちょっと冷静に考えてみると、友達解除をされた時期はツイッターをあまり使用していなかった。

ツイッターのフォローを外されたならわかる。
単に趣味が合わないだけだなと思える。

でも、Facebookの実名登録のほうを解除したということは、よほどわたしのことが嫌なんだろうと思い、激しくショックを受けた。

そのことを知って数か月は、正直Facebookを見たくなかったし、その人と会いそうな場所に行くのが憂鬱でしかたなかった。

  • まだ友達だと思って、解除をされたことに気がつかないふりをして接すればいいのか?
  • なぜ解除したのか聞けばいいのか?

非常に悩みました。

会えないときは「アトピーが悪化して会えない」という勇気

共通の友人がいたことも、悩みの種でした。

「○○さんがFacebookでさ~」と話題を振られるたびに「あー、最近見てなくて~」とごまかしていた。

他のSNSで相談したこともあった。
アトピー云々はありませんが、こういうケースはわたしが知らないだけでよくあるそうですね。

  • 共通の友人には機会があれば、解除されたこと話をしてもいいのでは?

と回答してもらい、それからさらに二ヶ月ほどかかって、やっと気持ちの整理がつきました。

わたしは好きな友人の一人でしたが、その人から嫌われたのであれば、これ以上のご縁はのぞめないでしょう。

思い当る節は、遊びの誘いや旅行の誘いを断り続けていたこと。

  • アトピーで全身の痒みが酷くて、お風呂が辛いから外泊が出来ない。
  • アトピー治療でお金がかかりすぎて、正直旅行にお金が回らない。
  • アトピーで顔の赤みが酷いので、今はちょっと会うのが辛い。

ちゃんと理由を言えばよかったと後悔しています。

大人になると、友達がたくさん増えることはそうありません。
わたしは、現在おひとり様だし、友達は大事にしようとずっと思っていたのに、正直に言えなかったことで縁が切れてしまいました。

正直に話しても相手に縁が切れてしまうのであれば諦めがつきます。

自分の言動から友達をなくしてしまったのは、後悔しています。

今、これを書いているのは、その人と復縁したいということではなく、気持ちの整理をつけたいから。

気持ちをまとめることで、踏ん切りがつきます。

これからは、本当に人と会うのが辛いときは隠さずに現状を伝えよう。

「悪化してても大丈夫だよ」と言ってくれたり、わたしを気遣って約束をキャンセルしてくれたり、言ってよかったと思うことのほうが多いと感じました。

その気持ちに泣けてきました。
本当に涙が出ました。

もっと正直に言えば、大事だと思った友達をなくすこともなかったかもしれない。
もしかして、伝えたことで縁が切れてしまう人もいるかもしれない。

でも、言わないで後悔するより、言って後悔するほうがずっといい。

これからは、隠すのは荒れている肌だけにして、勇気を出してちゃんと気持ちを伝えよう。

アトピーの改善を信じて!

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

フォローする

こんな人が書いてます

管理人:さくら
暴飲暴食ぎみでオタクなアラフォー。愛犬の介護がきっかけで生活が激しく乱れたことで、アトピーが大爆発。
「ラッキーになるためのハッピーナチュラルライフ」腐女子のオタク感想文というブログを運営しています。普通の人が関係ないアトピー治療に関しては、こちらのアトピー別館で記載していこうと思ってます。

詳細はこちら 管理人プロフィールとアトピーの治療概略
免責事項
「アトピーを治したい!」ブログでは、主に管理人・さくらの体感が中心になっています。どなたでも同じ効果が得られるわけではありません。

また、医者でも薬剤師でもないので専門知識はなく、治したいので本などで勉強をしているだけです。こちらのサイトの内容を試して悪化したとしても、責任を取ることができませんので、ご注意くださいね。できれば専門医へ相談を!

コメント

  1. なる より:

    以前からなんども訪れていたのですが書き込みするのは
    はじめてです。

    わたしもさくらさんと同じで思春期のころは、顔のにきびがとても
    ひどくて人と顔を合わせるたびに暗い気持ちになっていたので
    記事をよんで気持ちがわかります。

    SNSも向こうが勝手に友達登録してきて一方的に解除される
    ことがたびたびあり、ストレスを感じることが多々ありました。
    とくに親しいわけでもなく、フォロー・フォロワーの関係になったり
    するのも今の時代ならではですがそこでの人間関係って
    疲れるなとおもいました。
    とくに本名登録のfacebookで連絡もなく解除されたりしたこと
    もあるので、わたしもさくらさんのように悩みました。

    ちょっと思うことがあったので勇気をだして書き込んでみました。

    • さくら より:

      なるさん、はじめまして。
      書き込みをありがとうございます。

      ニキビも酷いととても辛いかと思います。
      わたしは、極度の乾燥肌でニキビはほとんど無縁ですが、顏に自信がないと(造形ではなく)、どうしても下を向いてしまいますね・・・。

      健康なときはいいのでしょうが、不健康すぎる今、もしかしたらSNSはわたしには向かないのかも・・・と思ったりします。

      でも、悪いことばかりでもなく、心配をしてくれたり、治療のアドバイスやいいと思った情報を教えてくれたりすることもあり、いいこともあるなと。

      「友達解除するよ」と連絡は・・・相手に友人関係を続ける気がなければ連絡はしてくれないでしょうね(^^;)
      わかってはいますが、ちょっとチョックを受けてしましました。

      これからは、なるべく現状を伝えて、あとから後悔しないようにしたいと思いました。
      それで縁が切れてしまっても、悔いを残さないようにできればいいかなと。

  2. なる より:

    さくらさんのブログにたどりつき、いろいろとアトピーの
    記事を自分と重ね合わせて読んでいました。

    私はにきびの悩みは未だ現在進行形です。
    いろいろと試すもののなかなか自分に合う
    ものがみつからずにいます。

    じんましんにも悩んでいてアレグラから
    はじまり少し強いステロイドの薬を飲んでいます。
    それでかゆみは一時的に楽にはなっていますが、
    薬以外の健康療法で体の体質を変えていきたいと
    いろいろな健康法を試しています。

    SNSは、有益な情報を得る役に立つこともありますが、
    ときには人とのつながりに疲れると感じることもあります。
    解除されると私も気にします。知らぬ間に知らない人が
    フォロワーになっていたり勝手に解除されていたり。
    とまどうことがよくあります。
    SNSでの人との縁に悩むのは、さくらさんだけでは
    ないとおもいますよ。今回のさくらさんの記事を読み、
    わたしも同じことを過去に感じたので書き込みしました。

    • さくら より:

      なるさん、こんばんは。

      このブログはまだあまり書けていませんが、本当に毎日色々アトピーについて勉強しています。

      ニキビは、プロトピックの副作用で大量発生して悩んだのが今年の春の出来事です。
      なるさんは、きっとあのようなニキビで悩まれているのかも・・・と思いました。

      わたしも痒みが強いので、あれは困りますよね。
      わたしも色々と薬以外で掻かない工夫をしていますが・・・ついうっかりというのが多いです(^^;)

      今の皮膚科の治療はわたしには合っていないとかんじているので、それならどうするか、他の治療はないのかなど、探していきたいです。

  3. なる より:

    facebookもここ数年で始まった新しいサービスなので
    SNSとの付き合い方を考えたいと改めておもいました。
    TVでこの前やっていたのですが、SNS疲れの心理学
    の分野が研究され始めたのもここ数年のようです。
    SNSとの付き合い方や利用方法は、ひとりひとり
    違うとおもいますが、facebookは昔からの友達を
    登録していることが多いので近況報告などに利用して
    いますが、連絡もなく解除されたらさみしいです。
    さくらさんのように共通の友人との会話で気まずい
    思いを実際しました。
    私は今大学生ですがサークルの連絡手段など
    facebookは欠かせないツールになっています。
    ちょっと苦手だなとおもうひとともつながっているので
    (解除したらかわいそうな気もするし)本当に悩みどころ
    です。

    • さくら より:

      なるさんは大学生なのですね。

      それだとFacebookはかなり必須でしょう。
      わたしは、もうアラフォーなのでなるさんほど必須ではないです(^^;)

      それでもこんなことで悩んでしまうので、現役の大学生ならもっと悩みがあるかと思います。
      サークルの連絡もそれとなると・・・わたしのように苦手だからといってアクセスしないというわけにはいかないですね(^^;)
      Facebook疲れも出てしまうでしょう。

      最近は、Facebookで苦手な人に見られないように、友達登録をしたままで公開を制限したりできるようです。
      そういうのも利用されるといいかもしれませんね。

      当分Facebookはなくならないでしょうし、お互いにFacebookとうまく付き合っていきたいですね。

  4. なる より:

    さくらさん、コメントありがとうございます。

    試験前やレポート作成の提出前の時期、じんましんがでたので
    私はストレスや寝不足がそのまま体にでてくる体質のようです。
    ニキビもビタミンCを積極的にとったり、軟膏をぬっていますが、なかなか改善されていません。今は皮膚科の薬で乗り越えていますが、わたしも勉強してお互いに体質を変えていきたいですね。

    インターネットが便利な反面、
    SNSなどの書き込みで無視されたり友達登録解除
    されただけでリアルな生活での人間関係に影響がでる
    ようなのでSNS疲れが社会問題になっているようです。
    いじめにつながったり、小・中・高生など一日中教室の
    同じ空間に閉じ込められている人たちは大変だとおもいます。
    わたしの一番下の弟は小学生ですが、小学生も今は授業で
    インターネットなどパソコンのことを学んでいて家で使っています。
    私は自分で時間が組めて時間の自由のきく大学生活がはじまってfacebookを登録しましたが、facebookが連絡手段のひとつになっており、そこでのつながり=リアルな生活でのつながりなので
    公開制限などをとりいれてうまく付き合っていきたいです。

    • さくら より:

      なるさん>

      どんな肌質であれ、ストレスと睡眠はとても重要なようです。
      ストレスを緩和させるように、色々模索していますよ。

      でも、それでも難しいときもありますよね。
      自分で気がついたなら、それは身体を変える時期にきたんだと思っています。

      SNSもいいところはありますし、
      今回はわたしのコンプレックスからくる嘘で疎遠になってしまいましたが、
      趣味などで交流する場としてはいいと思っていますよ。

      コメントをありがとうございました。

  5. なる より:

    http://rocketnews24.com/2013/02/19/292528/

    “Facebookで「友達削除」をされた場合、40パーセントの人が現実の世界で削除した相手を避けるようになるという。”

    こういう研究結果があるようです。

    高校の同級生がネット上で名前をみつけて友達申請してきた。
    連絡もなしに解除されていた。わたしもこのパターンでした。

    facebookのつながり=現実の世界のつながりで苦手な人を一方的に解除したとしたらキャンパス内で顔を合わせずらくなります。

    趣味ではじめたはずのサークルで人間関係に悩む原因がSNS上でのやりとりなので。(サークルの男性から言い寄られています。どうやって相手にその気がないことを傷つけずに断ろうか悩んでます。)
    私はSNSとのつきあいかたが下手だとおもいます。
    悩みをかいてすみません(><)
    人間関係のわずらわしさはあるもののSNSの利点を
    お互いに今後うまく活用していきたいですね。

  6. なる より:

    私はSNS始めてから(もともと気にしやすい性格のせいで)
    悩みが多くなったので向いていないかなとおもうこともありますが
    さくらさんのいうように趣味などで交流する場としてポジティブに
    つきあっていけたらなとおもいます。

    • さくら より:

      なるさん>

      >40パーセントの人が現実の世界で削除した相手を避けるようになる

      相手が友達関係を続けるつもりがないので
      解除した人を現実で避けるのは当然かと思います~。

      やはり気まずいですもん(^^;)

      それに、何かがあわないと思ったから解除するんですよ。
      だから、お友達は継続できないと思います。

      ・・・わたしもこう思うまでに時間がかかりましたけどね。

      お一人さまのわたしなので、アドバイスは難しいけど、
      若かったときの感覚だと、
      誰も傷つかないというのはないなと思いました。

      何をどう言っても、好意を持ってくれている人に
      恋愛感情は持てないと伝えるわけですから、
      強く言っても遠まわしに言っても
      相手はどちらにしても傷つくのではないかと思っています。

      だったら、なるさんが
      「あのとき言わなければよかった」
      「さっさと言っておけばよかった」
      そうやって悔やまないように
      お返事すればいいのではないでしょうか。

      ・・・まあ、わたし、お一人さまなので・・・
      半分で聞いてくださいね~
      相手の人に会ったこともないので、無責任なことは言えないです~(^^;)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

この記事のトラックバック用URL