ダチョウがアトピーを救う?黄色ブドウ球菌を抑える抗体が出来ていた!

Pocket

ダチョウがアトピーを救う?ダチョウ卵黄抽出液で黄色ブドウ球菌を抑える抗体が出来ていた!

長年悩んだアトピーに終止符が打てるかも?
また、ニキビで悩んでいた人も朗報かもしれません。

ダチョウの卵から抽出した抗体で、アトピーの天敵・黄色ブドウ球菌が抑えられるかもしれないと教えていただきました。

そして、現在実践中です!

スポンサーリンク

ダチョウ抗体がアトピーの原因の黄色ブドウ球菌を抑える?

どんな情報でもいいから、アトピー改善の情報があれば欲しいと思っているさくらです。こんにちは。

やはりアトピーは菌が原因?慶大から黄色ブドウ球菌対策が有効かと発表! という情報をブログに掲載しました。

慶應義塾大学医学部皮膚科学教室と米国立衛生研究所(NIH)の研究チームが発表したもので、今年の4月22日にニュースとして情報が出ました。

でも、この黄色ブドウ球菌がどうのこうのって以前から言われていたことだと思っていたので、その対策法がなければ有効も何もないよねー・・・と思っていて、個人ではこういう具体的な菌対策はしようがないわけですし、わたしの中でそれは終わったことで忘れかけていました。

そんなとき、わたしの書いたその記事をご覧になって、ご連絡をくださった方がいて。

「黄色ブドウ球菌はダチョウの卵の抗体で抑えることができるのでは?」と、またダチョウの卵から抽出した抗体を使ったコスメも販売されているとのことでした。

ダチョウの卵の抗体というのは、ダチョウ卵黄抽出液(ダチョウ卵黄エキス)のこと。

その方のご近所のお子さんが膝裏のアトピーで悩んでいたそうですが、そのスキンケアだけで薬の使用もなしに軽減してしまったんだそう。
(教えてくださった方はアトピーではありません)

そういう情報を貰ったので、少し調べてみました。

ニキビにもダチョウの卵? ダチョウの卵でニキビの原因となる細菌の活動を抑制する抗体を精製することに、京都府立大生命環境科学研究科の塚本康浩教授のグループが成功、その抗体を含んだ化粧品を大阪市北区の化粧品製造販売「ジールコスメティックス」が商品化した。国内や香港、台湾などで7月上旬に販売を開始する予定。

ニキビの治療法としては、抗炎症剤や抗生物質を使うのが一般的だが、ニキビの原因である黄色ブドウ球菌やアクネ桿菌だけでなく、皮膚を正常に保つ常在菌にも作用するため、肌あれを引き起こす恐れもあった。塚本教授は、原因菌のみにピンポイントで作用する抗体をダチョウ卵から取り出す技術を開発した。

この抗体を含んだ液体を患部に塗る試験を行ったところ、約1週間で6割の人にニキビ症状の改善が認められ、アトピー性皮膚炎の症状も改善されたという。ダチョウ博士の異名を持つ塚本教授は「ダチョウが若者の役に立てることを信じています」と話している。

ダチョウは傷の治りがきわめて早く、灼熱(しゃくねつ)の砂漠で生きながら寿命が60年もある。その驚異的な生命力に着目した塚本教授は「すさまじい免疫力の持ち主で、抗体を作る力も強い」と見て研究。これまでに、インフルエンザウイルスや花粉アレルゲンに対応する抗体をダチョウ卵から大量精製することに成功している。

引用元:ニキビにもダチョウの卵 抗体精製に“ダチョウ博士”が成功 配合の化粧品発売へ

確かに花粉症の時期にダチョウの卵から抽出した抗体入りのマスクがインフルエンザから守る的なニュースを覚えています。

このマスク、前から知ってましたが、使い捨てするにはちょっとお値段が高かったんですよね(^^;)

でもダチョウの卵から抽出した抗体、インフル対策だけじゃなくてコスメにまでなっているとは知りませんでした。

また、塚本教授は『ダチョウの卵で、人類を救います! : アトピー、新型インフルエンザ、HIVも撃墜する夢の抗体発見秘』という本も出版されています。

わたしがちょうど、菌の繁殖を押させれば、もともとのアトピーが残るくらいまで症状が減らせるのではないか?と考えていたときで、勝手にイソジン消毒に踏み切っていたところでした。
(抗菌対策は色々やりました・・・)

その部位は、アトピーが大爆発してから赤い発疹がなくなったことがない腕から手首にかけての場所。
中には、赤い湿疹だけじゃなくて、皮膚が昔蕁麻疹が出来たときのようにぼこぼこしている箇所もあり、ステロイド剤を塗ってもよくならず、それどころか保湿をすると赤い発疹が増えていると感じていました。

でも病院で力説しても先生方は「ステロイドの塗りが甘いからだ」とおっしゃったり、その現象が理解できないとばかりに首をかしげるばかりで・・・。

わたしは何度もステロイドと保湿で悪化すると訴えていたのに・・・。

こちらは、小学館の本の紹介ページです。

そしてこの春、アトピー性皮膚炎の大きな原因である黄色ブドウ球菌の抗体が出来、抗体入り化粧品が発売されました。アトピー患者は、症状の自覚がある人を含めると1200万人を超えると言われています。まさに、アトピーで苦しむ人たちの救世主! また、約3,400万人もの花粉症患者へのさらなる朗報としては、花粉アレルゲンが粘膜に付着するのを防ぐスプレーも商品化されています。
この3年間のダチョウ博士の抗体開発物語・・・まさに人類を救う、新たな「ダチョウパワー」を追います。(引用:ダチョウの卵で、人類を救います-アトピー、新型インフルエンザ、HIVも撃墜する夢の抗体発見秘話-

ダメもとで試した抗菌剤が顏のアトピーに効いたので、もっと菌対策がしたかったわたしにはすばらしい情報でした。

アトピーの悪化はある程度なんらかの菌ではないか?と考えていたので、アトピーの原因ともいわれる黄色ブドウ球菌に対応できるものが、ダチョウの卵から抽出された抗体があるというのが本当であれば、自分にとって朗報です。

そして、不確かなものは自分で試してみたいものです。

正直、「こんなので治ったら、今までの苦労は何だったの?」と思うし、「アトピーはそんな簡単なもんじゃない。簡単じゃないから、みんな悩んでいるだ」とも思います。

でも、批判するには自分で試してみて、それでダメなら「そらみろ!」と堂々と言えるものだと思います(笑)。

今回、貴重な情報を教えてくださった方は、ダチョウ抽出エキスの入った『アトジュレ』を教えてくださったのですが、こちらはサンプルやトライアルセット等はなく、アトピーを治したいとはいえ、効くかどうかもわからないものに16,200円(税込)もかける勇気はわたしにはありません・・・(^^;)

そのことを伝えると、親切にもご自身のものをわけてくださるとおっしゃってくださったのですが、さすがにそこまで甘えるわけにはいきません・・・だって高額ですよ?(^^;;)

「ダチョウの卵の抗体を使ったコスメ、他にもないんだろうか?」とそこで検索をしたら出てきたのが、同じようなダチョウ卵黄抽出液の入った『レイドラテ・ラ・ポー』というものを発見!
(成分の意味合い的には同じですよね?!)

こちらだと リピート多数のアトピー対策美容液!無料サンプル有り とあり、無料サンプルが請求できる。
また、実際に購入に踏み切ったとしてもボディクリームもあり、継続することを考えるとコスト的にはこちらのほうが助かるので、『レイドラテ・ラ・ポー』のサンプルを取り寄せてみました。

今のところ、ダチョウの卵から抽出した抗体を使ったスキンケア商品は、『アトジュレ』『レイドラテ・ラ・ポー』の二種類のようです。

韓国の中東呼吸器症候群(MERS(マーズ))コロナウイルスにも!

ちょうど、このダチョウ卵黄抽出液の入った美容液をお試し中にニュースで知り、ちょっとびっくりしたのが韓国で流行していたMERS(マーズ)の予防薬として、ダチョウの抗体の名前が出たこと!

韓国で感染が拡大している中東呼吸器症候群(MERS(マーズ))コロナウイルスに強く結合する抗体を、京都府立大大学院の塚本康浩教授(動物衛生学)のグループが、ダチョウの卵を使って大量精製することに成功した。共同で研究を進めている米国陸軍感染症医学研究所で検証中だが、すでに韓国、米国に配布、スプレー剤として大量生産を開始した。抗体によって覆われたウイルスは人の細胞に侵入できなくなり、感染予防に大きな効果があるという。(引用:予防薬、京都府大グループが大量精製 既に韓国に配布 ダチョウの卵から取り出す

このニュースをテレビで聞いてびっくりしたんですが、もともとインフルエンザウィルスに有効とされていて、マスクとしては値段が高いダチョウの卵から抽出した抗体のマスクも売られていますし、知っている人は知っているですよね、ダチョウ。

MERS(マーズ)の予防としても名前が出て驚きました。

今回、塚本教授らは、カイコの細胞で作製したコロナウイルス(ベータ・コロナウイルス)の表面タンパクの一部を抗原としてダチョウに投与。体内で生成された抗体をダチョウが産んだ卵から取り出し精製した。(引用:予防薬、京都府大グループが大量精製 既に韓国に配布 ダチョウの卵から取り出す

きっと黄色ブドウ球菌を抑えるというダチョウ卵黄抽出液(ダチョウ卵黄エキス)の抗体もこうやって取り出したのかもしれません。
(詳しくないのですがね)

こちらの詳細はあとでレビューしますが、結果から言うと・・・わたしのアトピーは今、劇的な変化を遂げています・・・!
しかもいい方向で・・・!

わたしの現在の状況としては、サンプルを取り寄せてから美容液を購入しています。

買ったということは・・・何が言いたいかお察し頂けるかもしれません^^
このあたりはまた別に書きますね!

現在『レイドラテ・ラ・ポー』美容液を購入してお試し中 アトピーのかゆみ乾燥対策はこれ1本!TV紹介美容液

参考サイト
ダチョウの卵で、人類を救います-アトピー、新型インフルエンザ、HIVも撃墜する夢の抗体発見秘話-
ダチョウ抗体×塚本康浩教授
動物衛生学研究室 -京都府立大学-

ダチョウの卵で、人類を救います! : アトピー、新型インフルエンザ、HIVも撃墜する夢の抗体発見秘
塚本 康浩 小学館 2012-06-26
売り上げランキング : 36906

by ヨメレバ

レイドラテ・ラ・ポー

にほんブログ村 病気ブログ アトピー性皮膚炎へ にほんブログ村 美容ブログ アトピー肌へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク


シェアする

フォローする

こんな人が書いてます

管理人:さくら
暴飲暴食ぎみでオタクなアラフォー。愛犬の介護がきっかけで生活が激しく乱れたことで、アトピーが大爆発。
「ラッキーになるためのハッピーナチュラルライフ」腐女子のオタク感想文というブログを運営しています。普通の人が関係ないアトピー治療に関しては、こちらのアトピー別館で記載していこうと思ってます。

詳細はこちら 管理人プロフィールとアトピーの治療概略
免責事項
「アトピーを治したい!」ブログでは、主に管理人・さくらの体感が中心になっています。どなたでも同じ効果が得られるわけではありません。
また、医者でも薬剤師でもないので専門知識はなく、治したいので本などで勉強をしているだけです。こちらのサイトの内容を試して悪化したとしても、責任を取ることができませんので、ご注意くださいね。できれば専門医へ相談を!

コメント

  1. なる より:

    「どんな情報でもいいから、アトピー改善の情報があれば欲しい」と書いてあったので、情報提供します。

    田七人参おすすめです。田七人参のお茶や粒よりも粉タイプがおすすめです。

    味が苦いので、人によっては苦手とおもうひとがいるとおもいますが、これまで自分が試した中では一番効果を感じました。

    プラセンタなどいいといわれるものをいろいろ試してきても効果はいまいちとおもうことが多かったのですが、田七人参は自信を持っておすすめします。

    血流がよくなって、サポニン、フラボノイド、有機ゲルマニウムの相乗効果で免疫力がアップすることで、アレルギー症状を抑制することができて瘀血がさらさらになるらしいです。

    アトピー性皮膚炎や生理痛が軽くなったという体験談もネット上でよくみかけます。

  2. なるなる より:

    追伸

    お高いのがネックですが、四川富貴廣とか評判がいいです。
    藤原紀香さんも愛用しています。

    • なるなるさん、コメントありがとうございます。

      田七人参、聞いたことがあります。
      他のメーカーですが、サプリも直接見たことはありますが、アトピーとは結びつきませんでした。

      瘀血がさらさらですか。それはすごい!

      体験談をみかけたということは、なるなるさんご自身はアトピーではないのでしょうか。
      もし、なるなるさんがアトピーの方だったら、どれくらいのアトピーがどの辺まで改善したのか、興味があったのでお伺いしたいところでした^^

      予算的に今は取り入れるのが難しいですが(ちょっと色々試しすぎてまして・・・)、体験談などは検索してみますね。
      情報をありがとうございました(#^.^#)

  3. なる より:

    http://item.rakuten.co.jp/beauty-pony/g-156/

    四川富貴廣は、お試しもあります。これなら、手がだしやすそうです。

    ある程度、つづけないと効果はみられないとおもいますが、
    味を試すのにはいいとおもいます。

    田七人参が、瘀血に効果ありです。滞った状態を散らして流すことで
    肩こりなどにも効果があるそうです。

    血液サラサラ効果からアトピー改善などにもつながるそうです。

    田七人参はけっこう自分には合っていました。
    いろいろなメーカーからでています。

    • なるさん>

      お試し価格なだけあり、確かに手が出しやすい金額ですね。

      先日ドドッと他のものを仕入れちゃったばかりなのですよ(^^;)
      そっちを消化しつつ、お試しは5包なので続けてやることを考慮にいれて、続けた場合の予算ももうちょっと考えてみますね。

      田七人参については詳しくないので、調べてみてから検討してみますね。
      ちょっと検索してみたらいろいろ出てきたので、勉強してみます。

      情報ありがとうございました!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この記事のトラックバック用URL